車の免許の取得方法!

自動車免許取得の流れと教習の内容

自動車の免許を取得するには教習所通いから始まって、教習を終了後に各都道府県にある運転免許センターで試験を受ける事が一般的です。
教習所では運転技術を学ぶ技能講習の他に交通ルール等を学ぶ授業もあり、技能検定試験と交通ルール等の学科試験を受けて、全て合格する事で卒業となります。
教習所で受ける実技試験は、一般道等を運転する為の仮免許を取得する為の検定試験、路上運転における適性を見る卒業検定試験があり、この2つの試験をクリアすすると教習所を卒業出来ます。
教習所を卒業すると、運転免許センターで適性検査と学科試験を受けて、どちらも合格する事で免許証が交付されます。
教習所の費用は地域や施設によって差があり、東京都では通所教習のMT車の一種免許で約280,000円、AT限定車で約270,000円です。北海道等の寒冷地は比較的高く、310,000円を超える所が多いです。

自動車教習の種類と免許取得までの期間と注意する事

自動車の免許を取るには、MT車で技能教習34時間以上と学科教習26時間、AT車限定で技能教習31時間以上と学科教習26時間が必要です。
教習所のスケジュールには通所教習と合宿教習があり、通所教習は最短で約2ヶ月、合宿教習では最短で約2週間で卒業出来ます。合宿免許は短期間で卒業出来るというメリットがある反面、2週間の日程を一気にこなす為、長期間の休暇を取らなければならず、社会人より大学生に適しています。
技能教習では仮免許を取得する為の検定試験は3ヶ月以内の合格、仮免許の有効期限は6ヶ月で、この期間内に卒業検定試験を合格する必要があります。免許センターでの試験の際に、技能試験を免除してもらう為に教習所を卒業する時に卒業証明書が交付されますが、これも有効期限が1年の為、有効期限内に免許センターでの学科試験に合格しなければなりません。